2005年11月22日

大衆迎合主義は天皇制廃止論に向かう

(自称)有識者会議のお粗末さは記事にするまでもないのですが、吉川座長はちょっと放言がすぎるのではないでしょうか?(もうヤケなのか)
「私たちは歴史観や国家観で案を作ったのではない。歴史観は国会で議論すべき問題だ」
と厚顔無恥に仰られますと国家観も歴史観も抜きにいったい何の為に会合が行われたのか…と唖然としてしまいます。(ついでに有識者会議に投入された税金が無駄金だと感じます)

今回一番気になったのがこの部分です。
「長子優先とした方が、国民が将来の天皇の成長をご幼少のころから見守ることができ、分かりやすい」
「長子(年長者)優先の方が国民の親しみを得られる」との論法のようですが、今上陛下のお孫さんでは秋篠宮家の眞子内親王が最年長です。国民は幼少の頃より成長を見守ってきました。「一番親しみを感じる方が将来の天皇に」と言うなら分かりやすく眞子内親王に決定です。

また将来的に起こり得る事例として、長子は人見知りの引込み思案でカメラを向けると泣き出すので映像はほとんど公開されない。次子は人懐っこく活発でカメラを向けると寄って来るので映像も豊富に公開される。このような場合、国民は次子の成長をより身近なものとして見守り続けることになります。「二の宮様を将来の天皇に」となるかもしれません。

天皇の御位は人気投票ではないのです。飽くまでも厳格な制度を適用すべきです。
情に棹差せば流されます。情による典範改正の流れ行く先が「天皇制廃止論」である可能性は0ではありません。
あらゆる可能性を考慮し、歴史、制度、神道儀礼、宮中典礼などを多角的に見つめ典範改正に生かしてゆく必要を強く感じます。

以下参考記事
続きを読む
posted by 鈴之介改め弥生 at 23:30| ☔| Comment(26) | TrackBack(9) | 皇位継承 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。